みーと、声優辞めてライターになってみた

皆さん初めまして。「みーと」と申します。プロ声優を1年で見切りをつけ、今はWEBライターとして細々と生活しています。大好きなイラストも使って、ゆるいライター生活をご紹介出来たらいいなと思います!

【声優になりたい人へ】元声優が思う声優を目指して良かったこと3選

f:id:miitotow:20181031102618j:plain

皆さんこんにちは♪みーと(@miitoww)です!(^^)!

 

元声優ぼっちライターについての自己紹介記事はこちらからどうぞ♪

 

www.miitotowiter.com

 

今回は声優志望者向け記事。テーマは「声優を目指して良かったこと」です!

 

前回がちょっと暗い内容になってしまったので…今回は明るい記事にします(#^^#)

 

↓コミュ障の叫びを聞きたい方はこちらから(笑)↓

 

www.miitotowiter.com

 

プロ声優を夢見て、毎日必死に練習していたペンギン。もちろん大変なことも多くありましたが、声優を目指したからこそ得たものもあります。

 

声優を目指すことで、何を学ぶことができたのか?ご紹介していきます!

 

  

声優を目指して良かったこと3選

f:id:miitotow:20181031110846j:plain

 

「養成所・専門学校の学費がバカみたいに高い」

「声優になれるのは一握り。努力だけじゃ叶わない」

「周りからの冷たい目線が気になる」

 

声優志望者は、割とネガティブなイメージが先行してしまいがち。

ここでは、あえて声優を目指すメリットを挙げてみようと思います!

 

第一印象が良くなった

f:id:miitotow:20181031115300j:plain

 

声優業界は、発声や演技力と同じくらい大切なことがあります。

 

それは…礼儀!

 

上下関係がはっきりしている業界なので、礼儀がなっていない人は声優になれません。

 

例えば、「おはようございます!」「お疲れ様です!」のような挨拶を、お辞儀しながら言えるかどうか。もちろん当たり前のように。

 

何事にも笑顔で返事が出来て当たり前。

場の空気を読んで行動するのも当たり前。

 

とにかく当たり前のように立場をわきまえた行動ができていないといけないのです。

 

声優養成所や専門学校に通っていた時も、常に礼儀については口酸っぱく言われてきました。

 

その甲斐あって、コミュ障だけど笑顔で元気よく挨拶することはできます。

常に発声練習もしているので、まあまあ聞き取りやすい声でしゃべれるようになります。

 

そのおかげなのか、私は第一印象がめっちゃ良いんです。

よく「優しそう」とか「ニコニコしているね」など言われていました。

 

実際は、優しさの欠片もないただのコミュ障なんですけどね(爆)

 

人間関係を円滑に進める為に、第一印象が重要です。

もし声優を目指していなかったら、仏頂面な顔立ちのままトラブルを起こしていたかもしれません。

 

負けず嫌いになった

f:id:miitotow:20181031135743j:plain

 

現在、声優を目指す人は30万人といわれています。その中で声優事務所に所属している人は2万人程度

 

声優になれる確率が本当に低い。こりゃ運ゲーですわ。

運良くなれたとしても、よっぽど売れっ子にならない限り、声優1本で生活するなんてまず無理。

 

私の場合、これといった個性や才能は持ち合わせていませんでした。養成所時代は、クラスの中でも底辺中の底辺。

 

そんな状況だったからか、「もっと上手くなりたい」「もっと自分を見て欲しい」という嫉妬心が生まれました。

 

吐きそうになるくらい練習しても、講師から何も言ってもらえない悔しさを嫌になるほど経験しました。いや~辛かったなあ・・・(;_;)

 

あの経験があったからこそ、今の負けず嫌いな性格が出来上がっていったんだと思います。

 

お金がなくても人間なんとかやっていける

f:id:miitotow:20181031144411j:plain

 

声優志望者時代は、とにかくお金がありませんでした。

東京で一人暮らしをしているので、家賃や光熱費、そしてレッスン費用も稼がなければいけません。

 

しかも当時は声優養成所とは別に、声優のワークショップにも通っていたので、そのレッスン代も必要でした。

 

とにかくお金がなさすぎて、人間らしい生活ができていませんでした。

 

ご飯も3食とれないし、1~2駅くらいなら電車を使わず歩いて帰るのは当たり前。

 

レッスン以外は基本アルバイトしかやっていません。ただ友達がいないので、交際費がかからないのが救いでした♪(え、寂しいって?)

 

でも、1日くらい何も食べれなくても死にませんし、お風呂に入れなくてもキッチンの水道で洗えます。

少ない食材の中から、どうやってお腹いっぱいになるのか工夫しながら自炊もしました。

 

人間の生きる力の強さを学んだ声優志望者時代。

またあの生活に戻りたいかと聞かれたら、100%「NO!」と答えますけどね(爆)

 

声優になれたことで自分に自信が持てた

f:id:miitotow:20181031145943j:plain

 

声優を目指したことで、今まで味わうことがなかった感情や出来事を体験することができました。

 

公園で1人大声を出すことなんて、声優を目指さないとやらなかったと思いますし(笑)

 

声優になれることが分かった瞬間、初めて自分で自分を褒めることができました。今までの苦労があったからこそ、オーディションの時も自信を持って挑めたのも大きかったです。

 

声優養成所や専門学校で、苦しい思いをしている人はたくさんいるでしょう。

 

  • レベルの高さについていけなくて絶望している人
  • 始めての一人暮らしでお金のやりくりに苦労している人
  • 講師に気に入られず悔しい思いをしている人

 

分かる~!!私も全部経験したからめっちゃ分かります~(´;ω;`)

でも、大事なのは「いかに今の生活から楽しみを見つけ出せるか」だと思います。

 

声優を目指す人は、今の環境を悲観的に思わず、ポジティブに過ごしてほしいですね(≧▽≦)