声優オーディションで自己PRが上手くいく6つのコツ【元声優が解説】

皆さんこんにちは(#^.^#)元声優ぼっちライターみーと(@miitoww)です!

今回は、声優オーディションの必須項目「自己RP」についてお話します。

※注意※

今回ご紹介するのは、「声優になるために必要な自己PRの解説記事」です。

プロ声優向けの記事ではありませんのでご注意ください。

みーと
短い時間で自分をアピールするってなかなか難しいですよね…

しかし、これからご紹介する6つのコツを抑えておけば、なんやかんや耐えられるはず!…多分。

こんな人に読んで欲しい!

  • 自己PRの作り方が分からない
  • 審査員から好印象の自己PRとは?
  • 自己PRってそもそもなんぞや

自己PRに自信がない人は、特にご覧いただけると幸いですヽ(^o^)丿

みーと

筆者も通っていた「ヒューマンアカデミー」は、90社以上の声優事務所が集まる声優オーディション在校生全員受験することができます。

私も、この大型オーディションでプロの声優になることができました。

気になる人はこちらから資料請求してみましょう!

ヒューマンアカデミー

声優オーディションの自己PRってどんな感じ?

f:id:miitotow:20190514205909j:plain

今まで声優のオーディションに参加したことがない人は、一体どんな風におこなうのか想像できないですよね!

自己PRの方法として以下の2つの方法が主流になっています。

自己PRの主な方法

  • 履歴書みたいな用紙に3~4行で記入する
  • 審査員の目の前で時間制限内に自由に発言する

最近は、配信動画を通して自己PRをおこなうオーディションも増えてきていますね。

配信動画のオーディションは、プロ声優時代に一回持ち掛けられましたが、内容が完全にアイドル声優向けだったので断りました(苦笑)

みーと
当時27歳…顔は中の下です(笑)

声優オーディションの自己PRは、審査員の目の前で発表する方がアピールとしてはかなり強いです。

おそらくですが、大手のオーディションになればなるほど履歴書の自己PRの内容は目を通していません。

みーと
私が在籍していた声優事務所の社長も、「エントリーシートの自己PRは見ていない」と言っていました。

見るとすれば、丁寧に字が書けているか?誤字・脱字がないか?…くらいだそうです(;´・ω・)

1人につき与えられる時間は、20~30秒ほど。

みーと
就活の面接でも1分はもらえるのに

声優のオーディションはその半分だなんて…

この短い時間で、審査員に興味を持ってもらえるような話をしなければいけません!

アルバイトの面接気分で行ってしまうと、メチャクチャ痛い目に遭いますよ。

事前に自己PRをしっかり作って声優オーディションに挑むようにしましょう。

自己PRを作るまでの流れ

f:id:miitotow:20190514213446j:plain

自己PRを作るためにやるべきことを順番にご紹介していきます!

1.自己分析

自己PRは、己を知ることから始まります。

だって、自分を知らなければ長所なんて分からないもの(笑)

とはいっても、頭の中でぼんやりと考えるだけのぬるい感じではなく、本気で分析していきます。

私のおすすめの自己分析方法は、とにかく紙に書くこと!

殴り書きで良いのです。とにかく自分はどんな性格なのか文字に起こしてみてください。

2.文章化する

自己PRを文章化させます。自己PRなので、自分の長所のみを盛り込みましょう。

間違っても短所を入れてはいけませんよ(笑)

3.時間を測る

時間内に収まるのか、あるいは文章が短すぎないか実際に測りながら読んでみます。

この段階で文章の修正をおこない、自己PRの内容をしっかり固めましょう。

4.自己PRを録音する

次に、自分が言っている自己PRを録音してみます。

この段階で、文章を見ずに言えるように覚えてみましょう。

その際は、相手に聞き取りやすい声や言い回しが出来ているかどうか確認しながら練習することがポイント。

また、制限時間内に収まるように、引き続き時間も測るようにしてください。

5.第三者に聞いてもらう

十分自分で練習できたら、第三者に自己PRを聞いてもらいます。これはとても大事!

他の人から客観的に見てもらうことで、自分では見逃していた部分に気付くことができます。

次のページは、「声優オーディションの自己PRが上手くいく6つのコツ」です!

ヒューマンアカデミー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です